どうも!「見習いキャンパー」のひー坊です。

ボイボイキャンプ場 の2日目です。
1日目はコチラ

 

ボイボイキャンプ場▲朝は4時半には起床しました。。 というか寒くて全く寝れなかった・・・ (泣)

寝袋はあったんですけど、チビ達と嫁さんが寒くないようにと、チャックを全開にして布団型にして着せてたんですよね。 なので嫁さんとチビ達は全く寒く無かったようですが、私は夜中中震えるはめに・・・  ((´д`)) ぶるぶる

全て自分の準備不足が招いたことなので自業自得なんですけど、ここまで寒いとは!次回はしっかり準備しようと心に決めました!!

ボイボイキャンプ場 早朝▲何もすることが無いので、コーヒーを飲みつつ荷物の整理をしてみましたよ。 ボイボイキャンプ場のチェックアウトは16時なので、慌てる必要はないんですが、チビ達が居ると片付けもはかどらないんですよね~ 

ボイボイキャンプ場 兄弟▲6時過ぎにはチビ達も起床してきました。 騒がしい1日の始まりです。お腹が減ったのかさっそく次男はカップ麺を握りしめてます(笑) それにしても2人ともオッサンみたいな格好ですね・・

ボイボイキャンプ場 兄弟 野遊び▲朝食を済ませた後は2人で花摘みに♪ ボイボイキャンプ場は見晴らしもよく、本当に何もない広大な草原なので、小さな子供が安全に遊ぶことができます。

ボイボイキャンプ場 長男▲パパどーぞ!だって♪

ボイボイキャンプ場 次男▲可愛いやつらです (≧▽≦)

ボイボイキャンプ場 ビール▲7時からプシュっと1本 (≧∇≦)  これもチェックアウトが16時だからできます♪

ボイボイキャンプ場 昼寝▲飲んだ後はお昼寝タイム♪ 30分だけ爆睡しましたよ! 昨夜と違ってテント内はホカホカしてて気持ち良かったです。

Boi Boi カフェ

ボイボイカフェ▲昼前なんですが、嫁さんが甘い物が食べたいと言い出したのでボイボイカフェへ。

ボイボイキャンプ場 キャンプグッズ 販売▲店内にはコールマンやスノーピークの消耗品が販売されています。 ホワイトガソリンやソリッドステークやマントルなどがありました。

また、手ぶらでキャンプができるプランもあるようです。 テーブルや椅子、ランタン、寝袋、調理器具など、キャンプに必要なもの全部がセットになって25,000円のようです。6人で利用すれば1人あたり4,167円 (^^♪

最近のグランピング人気もそうですが、気軽にキャンプ体験ができる施設は、今後更に人気がでそうですね!

ボイボイカフェ テラス席▲眺めのいいテラス席を利用しました。このテラス席はワンちゃんも一緒に食事ができるようです。

ボイボイカフェ 阿蘇五山▲遠くには阿蘇五山(根子岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳)が綺麗に見えます。 お釈迦様が寝ている姿に見えることから阿蘇涅槃像と呼ばれているそうです。 言われてみれば見えないこともないような・・(笑)たしか嵐のJALのCMにも写ってましたよね (^^)

ボイボイカフェ 由来▲メニュー表にはオーナー様のボイボイカフェに対する想いがありました。「ボイ ボイ」とは久住地方で牛を呼ぶ時に「ボーイ ボーイ」と呼ぶことからきているそうです。本当にいいネーミングだと思います (^^)

ボイボイカフェ メニュー▲カレーにすごく惹かれましたが、流石に朝食から時間も経ってないのでドリンクにしようと思いページをめくると。

ボイボイカフェ デザート▲美味しそうなデザートが・・・

ボイボイカフェ パフェ

ボイボイカフェ ソフトクリーム▲で、結局パフェとソフトクリームを注文しました。小さく見えますが意外とボリュームがあります。

ボイボイカフェ テラス席▲ソフトクリームは濃厚なやつを期待してたのですが、意外とあっさり系? でも美味しくてあっという間に完食しましたよ ^^

ボイボイカフェ ブランコ▲食べた後は手作りのブランコでしばらく遊んでいました。公園にあるブランコと違ってバランスをとるのに苦労してましたね。

ボイボイカフェ 炊事場▲ボイボイカフェの裏にも炊事場があります。

▲帰りにもう1カ所の炊事場をチェックしました。ここは入場口横やボイボイカフェ裏の炊事場と比べると小さいですね。

▲この水場のことです。

ボイボイキャンプ場 疾走▲チビ達は“ 緑色のしょぼいテント ” を目指して一気に丘を駆け下ります。 転んでも草がフカフカしているので安心です ^^

ボイボイキャンプ場 虫取り▲戻ったら虫取りが始まりました。 最初は蝶々を網で追いかけ回していましたが一向に捕まらず・・(笑) 結局、バッタやてんとう虫を一生懸命捕まえてました ^^ 

ボイボイキャンプ場 撤収▲風も強く吹き出したので撤収開始! 前回のスノーピーク奥日田の時と違って、乾燥撤収だったので楽勝でした (^^♪ 前回が大変過ぎたのかもしれませんが。。途中、抜いたソリステ2本が草に紛れて分からなくなるというアクシデントがありましたが、なんとか探し出して回収・・ 見つかって良かった~ ^^; 

▲撤収完了! 楽しいキャンプもあっという間に終了です。

ボイボイキャンプ場 まとめ

今回ボイボイキャンプ場を初めて利用しましたが、広大な自然を思う存分楽しめるキャンプフィールドでした。 周辺には湯めぐりで有名な「黒川温泉」や世界屈指の炭酸泉である「長湯温泉」などの温泉施設が沢山あるので、観光の拠点としての利用も良さそうです。 場内は若干の傾斜がある(ほとんど平面はない)ため、サイトの設営には少し気を使うかもしれませんが、繁忙期以外は自由に選ぶことができると思います。

施設も整っており、ファミリーキャンプにも最適なキャンプ場でした。 近いうちにまた利用したいと思います!

今のところ嫁さん一番のお気に入りみたいです ^^

 

では、また!

 

もしよければ応援クリックをお願いします! みなさんのひとポチが励みになります!