どうも!「見習いキャンパー」のひー坊です。

ゴールデンウィークに「 スノーピーク奥日田 」に行ってきました!

なんと今年初のキャンプです ^^;

 

本当は3月に初キャンプを計画していたんですが、仕事のスケジュールや子供達の体調が合わなかったんですよね。

ゴールデンウィーク直前になって「キャンプに行こうか?」という話になったものの、どこも予約でいっぱい・・・ フリーサイトすら空いてないという状況 (-_-;)

 

直前に決まったとはいえゴールデンウィークを完全に舐めていました。。

 

今回のキャンプ用に買った「鹿ベンチ」も「ハイランダーのロールトップテーブル2」も「GSIのステンレスワイングラス」も使えないなぁ~ と諦めていたんですが、たまたま見たキャンプ場予約サイトの「なっぷ」に5/5-6で予約可の表示が!

 

速攻でポチりました!!!

 

1週間前でたまたまキャンセルが出たようです (^^)v

実は嫁さんにゴールデンウィークのキャンプは無理かも・・ と言う話をしたところ、「 いつも準備があまい! 」と怒られたので内心ビクビクしてたんですよね (笑)

本当は2泊3日でキャンプに行きたかったんですが、この状況で贅沢は言えません。

 

という事で、今年最初のキャンプ地は「 スノーピーク奥日田 」に決まりました!!

 

日本に3カ所しかないスノーピーク直営のキャンプフィールドです!

標高950メートルに位置するスノーピークのキャンプ場。 高原ならではの空気と、キレイな星空が最大の魅力。 水道、電源が付いた利便性の高い区画サイトから、広く眺望を望む丘の上サイト、リーズナブルなフリーサイトまで初心者からベテランまで楽しめるスノーピークが提案するキャンプフィールド。
(出典:スノーピークHPより)

 

スノーピーク奥日田 の基本情報

■名称:Snow Peak 奥日田
■所在地:大分県日田市前津江町大野64−1 (旧 椿ヶ鼻ハイランドパーク)
■TEL:0973-53-2358
■定休日:水曜日 (祝祭日除く)
■営業時間:10:00~19:00(4月~10月) / 11:00~18:00 (11月~3月)
■HP:Snow Peak 奥日田

 

福岡市内から高速を使えば1時間半ほどの距離になります。

 

スノーピーク奥日田 車載▲寒さ対策として、電気カーペットに毛布に真冬用のダウンジャケットと完全装備! おかげで車内は足元まで荷物でパンパンです・・・ 大きな車が欲しくなりますね~

 

スノーピーク奥日田 順路▲ゴールデンウィークの渋滞を考えて下道で向かいました。 日田市内を過ぎた頃、若干渋滞に巻き込まれましたが順調に進みましたよ。
途中、ナビの案内通りに進むと幹線道路から外れてしまうという重要な分岐点がありますが、ここも無事にクリアーしました。先人達の教えによると、左折すると離合も難しいような細い坂道が続くそうです。

スノーピークの看板を信じて直進しましょう!!

 

スノーピーク奥日田 順路 地図▲分岐点のところに看板も出ていますが、「川津シャクナゲ園」の方へ左折しないようにしましょう!

 

スノーピーク奥日田 順路 看板▲先程のポイントを過ぎるとナビの案内ルートも正常に戻るので、基本的にはナビの案内通りに進んで大丈夫です。 途中細かくスノーピークの案内板も出ています。 さすが案内板もオシャレですね~♪

 

スノーピーク奥日田 入口▲到着しました! スノーピーク奥日田 キャンプフィールドとあります。 この看板をみるとテンション上がりますね!

 

スノーピーク奥日田 管理棟▲ 13時チェックインなんですが1時間前の12時には到着しましたよ。

せっかちな嫁さんはさっそくアーリーチェックインの交渉に行ってましたが、あえなく撃沈・・・当然です!(笑)

 

その代わり2番の整理券を貰ってきていました。 どうも整理番号順にチェックインの受付をするようです。

私達が到着した後に皆さん続々と到着されていたので、ゴールデンウィークなどの繁忙期は少し早めに到着した方がいいかもです。

 

スノーピーク奥日田 店内スノーピーク奥日田 店内 ジカロテーブル▲受付開始まで店内をぶらぶら。 ここはスノーピークショップが併設されています。 スノーピーク商品で構成された休憩スペースもお洒落な感じでしたよ。 

セール品も多く物欲との闘いですね ^^;

 

スノーピーク奥日田 店内 お酒 氷 販売▲ビールや焼酎、梅酒、氷も販売されています。 近くのコンビニまで片道20分かかるので助かります。 どれも良心的な価格設定でしたよ ^^

 

スノーピーク奥日田 店内 掲示板▲店内の掲示板には大浴場やシャワーの案内などが掲示してあります。 大浴場は管理棟から渡り廊下を進んだ先にあります。 入浴時間が15時~19時と短いため注意してくださいね。 シャワーは24時間対応のコインシャワーが管理棟内にあります。10分で200円です。

 

スノーピーク奥日田 薪 販売▲薪を購入しました。 針葉樹の薪が一束500円で販売されています。

 

スノーピーク ランタンハンガーL▲それから自宅にランタンハンガーを忘れてきたのでついでに購入。 嫁さんには怒られましたが・・・ こういう時にショップがあると助かりますね! (^o^)

 

スノーピーク奥日田 展示▲受付開始まで30分ぐらいあったので、店内をぶらぶらしたあと、管理棟前のテント展示スペースで日向ぼっこ。 次男はタンポポの綿毛を一生懸命飛ばして遊んでいました。 可愛いやつです (´ε` )

見晴らしもよく、スノーピークのテントがすごく映えていました!!

 

そうこうしている間に13時になり受付終了。 受付は1組あたり5分ぐらいかかっていたので、混雑時には早めに整理番号を貰った方がいいですね。 ちなみにゴールデンウィークだったので、整理番号は20番台まで出てましたよ ^^;

 

スノーピーク奥日田 ゲート▲管理棟横のゲートを潜って坂道を下った所に今回利用する電源オートサイトがあります。

 

 

スノーピーク奥日田フィールドマップスノーピーク奥日田 フィールドマップ

(スノーピーク奥日田HPより)

▲今回指定されたC4区画は区画電源オートサイトの左下あたりになります。 フィールドマップにも記載がありますが、Coming  Soon(準備中)の区画が目立ちますね。 管理棟から電源サイトに向かう途中も工事中の場所が多くありました。

どんな風に変わるか改修後が楽しみですね!!

 

 

スノーピーク奥日田 電源サイト▲区画電源オートサイトはこんな雰囲気です。 この先の左奥にC4サイトがあります。

天気もよく清々しいなぁ~と能天気に車を走らせていましたが、まさか、この後にあんな事が起こるとは・・ この時は知る由もありませんでした (-_-;)

 

C4サイト到着して駐車スペースに車を止めようとしたところで事件発生・・・

 

(嫁さん)
えっ!ここ!?
横が崖っぽくない!??

 

(ひー坊)
どこどこ?? あーホントだ!
ちょっと見てくる!!

車を降りてサイトを一回りしたんですが、向って右側と後側は全部崖でした・・・ 特に後ろ側は崖の下に沢が流れています。 落差も10メートル以上ありそうですが柵もありません。

長男(4歳なりたて)は大丈夫だとしても、次男(2歳なりたて)は絶対無理・・・

 

(ひー坊)
ここは危ないね!
周りに柵も無いし、ちょっとでも目を離すとたぶん落ちる。
後ろはとくにヤバいよ。

 

(嫁さん)
なんでこの場所選んだと!?
受付に言って場所変えてもらおうよ。
場所が変更できなかったら、残念だけどキャンプは中止して帰ろう!!
何かあってからじゃ遅いし。。

 

(ひー坊)
ごめん!!受付した時にはもう区画決まってたし、ホームページで見た雰囲気からこんなに危ない区画があるとは思わんかった!
今から場所の変更ができるか相談してみる!!

 

(嫁さん)
ホント確認が足りんよね!私が場所を確認すればよかった!!
私が受付に電話するけん (`×´) プンプン!!

 

(ひー坊)
すんません・・ よろしく ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

 

自分の失敗とはいえ、マジ怖いです。
でもこういう時の嫁さんは誰よりも頼りになります! (笑)

そして嫁さんが相談した結果、なんとか区画の変更をしていただけました。

スタッフの方いわく、小さお子さんがいる場合は事前に相談してくださいとのこと。
対応いただいたスタッフ方、本当にありがとうございました!!

完全に私のミスでした。。

 

▼翌日、後ろから撮った写真です。 手前がC3サイト、奥がC4サイトです。 テントのすぐ後ろ側が崖になっているのが分かります。
スノーピーク奥日田 区画電源サイト 崖▼崖下の写真です。 分かりずらいですが、10メートルほど下に小さな川が流れています。 途中からほぼ垂直な崖です。 ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
スノーピーク奥日田 区画電源サイト 崖下

スノーピーク奥日田 危険な場所▲後からスタッフの方に確認しましたが、C1~C4区画の後ろ側は全部崖になっているようです。 特にC4区画は側面も崖地のため、小さな子供がいる場合は、事前に場所を確認した方がよさそうです。

 

一時はどうなることか、と冷や冷やしましたが、気を取り直して新しい区画へ。

▼D1サイトです。
スノーピーク奥日田 電源サイト D1▲側面が道路に面していますが、斜面になっているので大丈夫そうです。
しかもさっきのC4サイトより広い気がしました!

日当たりもよく快適に過ごせそうです (^^♪

 

サイト内に水道があるのでチビ達はさっそく水鉄砲で遊んでいました♪

 

今のうちに設営しよう!と思い頑張りましたが、久しぶりの設営にくわえ次男が大脱走の繰り返し・・・ まったく設営が進まないという (ノ_-;)ハア…

 

スノーピーク奥日田 区画サイト▲何とか完成したのが2時間後。 木の影もだいぶ伸びてますね!(笑)

それよりヘキサLを張っても、まだまだ余裕があります。 本当に一区画が広いですね!!

 

スノーピーク奥日田 設営完了▲ とりあえず記念に一枚!

すでに生活感丸出しですね!色んな物が散乱しているのは気にしないでください。(笑)

この頃にはひー坊は汗だく、チビ達二人は水鉄砲でズブ濡れ、嫁さんはご機嫌ナナメ・・・です。

 

スノーピーク奥日田 テント▲32年前に買った4人用のドーム型テントを使っています。 まだまだ現役ですが、さすがに狭いので今年中に2ルームテントを購入予定です。 たぶんキャンパル ジャパンの「 ティエラ ラルゴ 」になると思います。

 

 

スノーピーク奥日田 テント内▲この時点ですでに16時。 風も冷たくなってきたのでチビ達を着替えさせ、ホットカーペットを敷いたビンテージテント?内に軟禁! (笑) リンゴと鍋で遊んでいます ^^;

 

 

スノーピーク奥日田 子供▲少し落ち着いてきたのでビールで乾杯しようと思ったらすぐに脱走~ さすがにリンゴと鍋では5分しかもちませんでした (笑) テント内で遊ぶものを持ってくる必要がありますね。 次回の改善点です。

 

ちょっと早いですが夕食の準備をすることに。今夜は嫁さんのリクエストでバーベキューです。

 

▼その前にラージメスティン(TR-209)で簡単炊飯。今回は2合炊いてみました。
スノーピーク奥日田 メスティン 炊飯▲分量はお米2合(300g)に対し、水は400ccです。 お米は1号ずつ袋に小分けしておくと便利ですが、私はユニフレームのシェラカップで計量しています。 お米を洗ったら30分は水に浸しておいてください。

水の量が測れない時には、メスティンの取っ手を付けているリベット(上の写真の丸いポッチ2つ)の上の高さまで水を入れます。 (私のメスティンは左右でリベットの高さが違いますが、大体このぐらいでいいと思います)

過去記事:初めてのシェラカップはユニフレームがおすすめ!そのポイントを詳しく紹介 CAMP-LIFE

 

▼他のシェラカップより目盛が細かいので、一つあると便利です。
ユニフレーム シェラカップスノーピーク奥日田 メスティン 炊飯▲中火で10分もすると、吹きこぼれてきますきますが、そのまま放置。 15分~20分ほどすると湯気が出なくなり、パチパチという音が、ジジジジという音に変わったら火を止めます。 ひっくり返してタオルで包んで20分ほど蒸らせば完成です。

スノーピーク奥日田 メスティン 炊飯▲手順さえ間違わなければあっという間に美味しいご飯が炊けますね! コツはお米を30分ぐらい水に浸して置くことと、吹きこぼれたあとジジジジ音がし始めたら火を止めて裏返しにして、しばらく蒸らすことぐらいです (^^)v

 

スノーピーク奥日田 バーベキュー▲炊き立ての美味しいご飯には、美味しいお肉!ですよねー!! チビ達にはソーセージとトウモロコシとじゃがバターが好評でした。安上がりなやつらです(笑)

自分達も軽く食べたのでシャワーに行くことに。まだお風呂の営業時間内でしたが、今日は疲れたしシャワーでよくない?という話しになり、管理棟横のシャワールームへ。

スノーピーク奥日田 シャワー▲管理棟の横にシャワールームの入口があります。 コインシャワーなので24時間いつでも利用することができますよ。

スノーピーク奥日田 シャワー▲脱衣所も綺麗でドライヤーも完備されています。 この日はけっこう寒かったのでオイルヒータが稼働してました。

スノーピーク奥日田 シャワールーム▲シャワールーム内も綺麗に清掃されています。左右に3ブースずつ、計6ブースあります。

スノーピーク奥日田 シャワー▲料金は200円で10分(ストップ機能付き)です。
  ※100円玉以外は使えませんので、事前に両替しておきましょう。 管理棟の営業時間内でしたら受付で、それ以外の時間は管理棟前の自動販売機になると思います。

 

私は長男と二人で入りましたが、男だと10分で余裕でしたね。 サクッと上がって車で嫁さんと次男を待っていましたが、待てど暮らせど戻ってこない・・・

結局50分も待たされました (`ε´)ぶーぶー

まぁ~その間に長男は寝てしまったので好都合でしたが (笑)

 

テントに戻って、嫁さんが次男の寝かしつけをしている間にランタン( コールマン286A )に火を入れ、焚き火台の前に鹿ベンチをセット。 GSIのステンレスワイングラスと赤ワインを準備 (^^♪

 

この空間だけは全力で「 おしゃれキャンパー 」感を出しましたよ! (笑)

過去記事:鹿ベンチ (キャプテンスタッグ)がファミリーキャンプにも最適な理由 – CAMP LIFE

 

スノーピーク奥日田 焚火▲めちゃめちゃ寒かったので焚き火の暖かさに癒されましたよ。 私も嫁さんもダウンコート着てました。 5月なのに真冬並の寒さでしたね ^^;

スノーピーク奥日田 焚火 ワイン GSIステンレスワイングラス▲1時間ほど焚き火とワインを楽しみながら、久しぶりにゆっくりとした時間が過ごせました。 明日は立ち寄りの温泉でも入って帰ろうという話になり、この日は終了。

 

GSIのワイングラスもいい仕事してましたよ d(-_^)good!!

過去記事:割れないワイングラスの進化が凄かった!GSIステンレスグラスはリーデルを超えた!? – CAMP LIFE

 

幕内はホットカーペットと家族4人の温もりでぬくぬくでした♪

 

2日目に続く

 

 

もしよければ応援クリックをお願いします! みなさんのひとポチが励みになります!