どうも!「見習いキャンパー」のひー坊です。

タイトルでバレバレですが・・(笑)
オピネル ( OPINEL )のフォールディングナイフを購入しました。

 
キャンプ用品については以前のように

 

『とりあえず使えたら何でもいいっしょ!!』

的な考えからの脱却を図っています。

 

 お洒落キャンパーさんのブログやインスタには、
こだわり抜いたキャンプギアが並べられていますもんね!

 

と言っても、潤沢な軍資金もなく、当面は毎月の少ない小遣いの
中から購入しなければなりません。そうなると嫁さん(大蔵大臣)
をキャンプの世界に引き込むまでは、比較的値段の安い小物を
中心とした選択になります。

 
そこでインターネットで値段があまり高くなく、見た目もカッコいい
キャンプ用品を検索していると、これが目に留まりました。

IC.CUT(アイシーカット)HIRO original トラウト&バード

カッコいいし、評価も高いけど、値段も9,000円台と若干お高め・・・

 

買えないことはないけど、 キャンプ でナイフを使う頻度と用途を
考えると何か違う気がする・・と、いったんは違う商品に浮気し
かけていたのですが、、

 

『ナイフは男のロマン!やっぱり欲しい~』 ということに。

(この前、実家で父のナイフコレクションを見て触発されたのもありますw)

 

 

まずはナイフの使用用途を考えてみました。

用途 やってみたいこと
① 料理 卓上で肉を切り分けたり、釣った魚をその場で捌きたい
② 工作 子供と木や枝を削って何か作りたい
③ 焚火 薪割りでは無く、フェザースティックにチャレンジしたい
④ 教育 子供が小学生ぐらいになったら刃物の扱い方を教えたい

 

これらの用途を踏まえると、買うべきナイフは、

 

「あまり大きくなく手に馴染むタイプ」

 

そして重要なのが見た目のおしゃれ感!!(笑)

 

そして出会ったのがこの1本!

 

オピネル ( OPINEL )との出会い

オピネルフォールディング・ナイフ

OPINEL
 見つけた瞬間、シンプルなデザインにひとめ惚れしました(笑)

さっそく色々調べてみると、サイズのバリエーションやギアとしての
普遍性、購入後のカスタマイズ性と長い時間をかけて自分好みに
育てることが出来るナイフだということが分かりました。

正に求めていたナイフという感じです。

 

しかも長く使いつづけるナイフにしてはかなりのお手頃価格!!
大体1,500円~4,000円ぐらいで購入することができます。

 
pontaポイントが貯まっていたので、「ポンパレモール」ですぐに
ポチりそうになりましたが、ナイフは実際にモノを見ないとサイズ
や握った時のフィット感が分からないのでグッと我慢。。

 
販売店を探してみると ヨドバシカメラ博多店 にオピネルの販売コーナー
があるとのこと。

 

さっそく行ってきました ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪ 

ヨドバシカメラ博多店
あまり知られてはいませんが、 ヨドバシカメラ には充実した
アウトドアコーナーがあります。

私も以前から アウトドアコーナー があることは知っていましたが、
まさかこんなに充実しているなんて・・・

正直、驚きました (*゚O゚)ノ スゴイッ!!! 
 

中に入ると「 スノーピーク 」に「 キャンパルジャパン 」
「 ロゴス 」に「 キャプテンスタッグ 」、「 コールマン 」となんでもありの
パラダイス銀河!(古っ!w)

ヨドバシカメラ博多

 

ありました! オピネルコーナー !!
けっこう種類がありますね。
ヨドバシカメラ博多 オピネル

やっぱりシンプルなデザインでカッコいいですね!
長年愛されてきた理由が分かる気がします。

サイズは6番 、 7番 、 8番 、 9番 、 10番 、 12番 の6種類の取扱いがありましたよ。

 

さっそく近くにいた店員さんに声を掛け、オピネルを握った時のサイズ感を
試したいと伝えました。

 

サイズ感を確認してみる

一番小さな6番から順に握ってオピネルのサイズ感を試していきます。

オピネル6番

う~ん、やっぱり小さい。小さすぎる…
私の手は標準サイズだと思いますが、 ハンドル (握り部分)を握ると
小指以外の3本でしか握れません。しかもハンドルが細いので力が
入りませんね。子供にはぴったりなサイズだと思います。

オピネル7番

やっぱりちょっと小さいですね~
ギリギリ4本で握れません。小指が余ってしまいます。
標準的な手のひらサイズの女性にはベストサイズだと
思います。なので7番もパスです。

オピネル8番

握った瞬間に小指と薬指にグッと力が入るのが分かりました。
親指をブレードの裏側(切れない部分)に沿わせて握りなおすと、
自分の手の延長にあるかのように感じます。
握った時のグリップの大きさが私の手のひらにピッタリです。

オピネル9番

悪くはないですがグリップが少し太いと感じました。
グリップの長さも8番と比べると小指1本分長く感じます。
このあたりは好みの問題だと思いますが、グリップを
握った時のしっくり感は8番の方が上かなと。
手の大きな男性にはピッタリのサイズだと思います。

オピネル10番

けっこう大きく感じますね。確かに9番と比べてグリップ自体も
太く、そして若干長く感じますが、ブレードをオープンにすると
ブレード自体にナイフとしての迫力を感じます。9番と並べて
みると全長でたった2センチほどの差なんですが、
武器っぽい感じがしました。包丁として料理にも使えるサイズ
だと思います。

オピネル12番

握った瞬間デカ!っと思いました。ブレードをオープンにして
10番と並べてみると全長で5センチほど大きくなります。
ブレードに厚みもあり、薪割り(バドニング)もできそうな感じが
します。12番は包丁替わりとして違和感なく使えるサイズだと
思います。私の使用用途からは外れるため、1本目のナイフ
としては選びませんが、2本目はコレを選ぶと思います。
 
 

まとめてみると、
手の延長として自然に使えるオピネルのサイズは以下のように
なると思います。

  • 6番  : お子さんや手の小さな女性
  • 7番  : 標準的な手のひらサイズの女性
  • 8番  : 標準的な手のひらサイズの男性
  • 9番  : 標準より大きな手のひらサイズの男性
  • 10番 : 外国人並みに手が大きい男性
  • 12番 : 薪割りや包丁替わりなど使用用途に合わせて
     

ということで、私の手のひらにジャストフィットした
「8番のステンレススチールモデル」を購入しました O(≧▽≦)O ワーイ♪

 

自宅に帰ってさっそく開封です!


ヨドバシカメラの黒いビニール袋を開けると~ o(^o^)o ワクワク
 
オピネル
  どん!! 裸で出てきました!(笑)

確かに包装にお金をかけてナイフ自体の価格が上がるよりはマシですよね~
ロゴも擦れています・・・

OPINEL
ブレードをオープンにしてみました。シンプルですごくいいデザインですよね!!
少しだけですが、 おしゃれキャンパー に近づいた気がします (*^-゚)vィェィ♪ 

オピネル
しっかり握れます。初めてナイフを買いましたが、
ナイフは小指と薬指にしっかり力が入りることがポイントのようです。

これはオピネルに限らず、他のナイフでも同じだと思いますので、
ナイフ選びの基準にしてみてください。

オピネル
記念すべき最初の1本ですが、ガンガン使い倒したいと思います!
その前にオピネルを購入したら、使用する前に行う 儀式 があるようで・・
この 儀式 についてはいずれレポートしますね!

今回は初めてのナイフ購入ということで、
私なりに オピネルナイフ を研究しました(笑)

そこで感じたのは、長きにわたり使われ続けているには理由があるということ。
 
 
ほんの少しだけですが、オピネルナイフ について語れるようになったので、
その歴史や特徴、魅力などをまとめてみました。

 

これを読めば オピネル通です (笑)

 

オピネル ( OPINEL )とは

オピネルとはフランスのジョセフ・オピネルが1890年に考案したものが原形になっており、発売以来120年以上、基本的なデザインを変えることなく生産されています。日本だけでなく世界中で長きにわたり愛されている老舗中の老舗ナイフブランドです。

デザインの優秀さは1985年に世界的な工芸品の博物館として知られるロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館が選出した「世界で最も美しい100のプロダクト」の一つにも選ばれている他、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の収蔵品にも加えられている、お洒落と実用性を兼ね備えたナイフなのです。

 

オピネルのブレード(刃)素材について

オピネルの アウトドアモデル である フォールディングナイフ のブレード材は2種類あります。

  
炭素鋼の「 カーボンスチール 」

「 カーボンスチール 」は切れ味が鋭い反面、錆びやすく水に濡れたまま放置するとすぐに赤錆びが発生するようです。赤錆びを防ぐため、あらかじめ 黒錆加工 (酸化皮膜を作ることでそれ以上に錆びさせないというもの)を施したりする必要があるなど手間はかかりますが、手をかけた分だけオピネルのナイフにどんどん愛着が湧いてきますし、世界に一本だけしかない“自分だけのナイフ”として育てていくことができます。※ブレードには「 CARBONE 」の刻印があります。

OPINEL カーボン

ステンレス鋼の「 ステンレススチール 」

「 ステンレススチール 」は切れ味はカーボンスチールに劣る反面、水に強く錆びずらいという特徴があります。ステンレスは一般家庭で使われている包丁と同じ素材なので料理をするには適した素材ということですね。一般的には手入れが不要な「 ステンレススチール 」がオススメのようですが、ブレードに味が出しずらいので他の人との差別化は難しいかもしれません。マメな手入れが不要なのでガンガン使える実用的なナイフです。※ブレードには「 INOX 」の刻印があります。

OPINEL  ステンレス

オピネル のハンドル材 について

一般的に売られているのは「ブナ材」のタイプのようですが、素材は複数あるようです。過去には「野桜」「トネリコ」「クルミ」「樫」「紫檀」「ブビンガ」などの素材が使われていたこともあるようですが、現在、Amazonで購入できる素材は、 「ブナ」「オリーブ」「ウォルナット」「オークウッド」の4種類のようです。

ブナ材

木理は一般的には通直で、肌目は密。重硬な材で加工性、接着性は比較的良く、衝撃にも強いです。その反面、変色、腐食や狂いははなはだしく、乾燥をきちんと行わないと、曲がり、よじれなど狂いを生じます。粘りがあり、特に曲木加工に適しています。耐朽性は極めて小さいです。柾目には虎斑が出るのが大きな特徴です。

ブナ材

 

オリーブウッド

辺材は淡い乳白色で、心材は淡い褐色の地に暗褐色からく黒色の縞模様が現われる。木質は重硬で肌目は緻密。加工は困難であるが仕上げは良好。耐朽性に優れる。乾燥は難しく、乾燥後も狂いやすい。 脂分を多く含んでいるので使い込むほど味わい深くなります。

オリーブウッド

 

ウォルナットウッド

チークやマホガニーと共に世界三大銘木の一つ。辺材は黄褐色。心材は褐色~紫褐色で、不規則な濃淡の縞を持つことが多い。木理は一般に通直だが、交錯したものは装飾的な価値が高い。肌目はやや粗く、美しい光沢をもつ。やや重硬で靱性は高いが、加工性はよく、特に表面の仕上がりは良好。耐朽性は中程度。

ウォルナットウッド

 

オークウッド

辺材は淡黄白色で、心材は淡黄褐色。柾目面にシルバーグレイン(虎斑・とらふ)が現われる。 一般に木理は通直である。材は重硬で強靭。乾燥や切削などの加工はやや困難。 全体的に木目が荒く、色が白いのが特徴。 耐朽性は比較的高い。

オークウッド

 

オピネルの主な番手と サイズ

現在、購入可能な サイズ は「 No.1 」と「 No.11 」を除く11種類のようです。

オピネルナイフ の実用サイズはブレードのロック機能が付いた
「 No.6 」から「 No.10 」になりますが、

標準的な手の大きさの日本人男性が使用するなら「 No.8 」か「 No.9 」が
いいと言われています

確かにオピネルの商品カタログを見てみると、「 No.8 」が色のバリエーションや
モデルが一番豊富にラインナップされています。

このことから「 No.8 」が標準モデルと言えるでしょう。

  各モデル詳細

番手 刀身長 刀厚 全長 ロック
No.1
No.2 3㎜ 1㎜ 80㎜ ×
No.3 42㎜ 1㎜ 97㎜ ×
No.4 50㎜ 1㎜ 118㎜ ×
No.5 60㎜ 1㎜ 140㎜ ×
No.6 70㎜ 1.5㎜ 165㎜
No.7 80㎜ 1.5㎜ 178㎜
No.8 85㎜ 2㎜ 193㎜
No.9 90㎜ 2㎜ 210㎜
No.10 100㎜ 2㎜ 228㎜
No.11
No.12 120㎜ 2.5㎜ 282㎜
No.13 225㎜ 4㎜ 500㎜

※No.1とNo.11は1939年に生産中止

 

オピネルの6つの魅力について

オピネルには他のナイフと比較すると多くの魅力や優れている点があります。
私が感じた6つの理由がこれです。

シンプルでお洒落な外観

デザインの優秀さは1985年に世界的な工芸品の博物館として知られる、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館が選出した「世界で最も美しい100のプロダクト」の一つにも選ばれている他、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の収蔵品にも加えられているほどに、 オピネルナイフ の普遍的なデザインは高く評価されています。木の温もりと丸みを帯びたデザインは万人受けするだけでなく、その飾り気のないシンプルなデザインは、現代風に言えばまさに「 ミニマルデザイン 」です。

シンプルな構造

オピネルのナイフは時代と共にグリップや刃の材質、機構などの改良を重ねてきているが、基本的には以下3点の構造を持っています。①ブナ材のハンドル②両刃のブレード③セーフティーリングです。部品点数も少なく単純な構造のため、 分解 ・ 組立て がし易く、ブレードの研ぎなどのメンテナンス を覚えるのに最適なナイフとなっています。

価格の安さ

上記のモデル詳細にも記載していますが、オピネルは全11種類のモデルがあります。当然、サイズが大きくなれば価格も上がりますが、実用サイズである「 No.6 」から「 No.10 」であれば3,000円以下で購入することが可能です。これだけ安価であれば、用途に合わせていくつかのサイズを使い分けることもできますね。例えば果物の皮をむく時は「 No.7 」を使用、大きな魚を捌く時には「 No.10 」もしくは「 No.12 」を使用する等です。また、グリップを握り易いように削ったり、ブレードを研ぐ練習をしたり、この価格なら多少の冒険もできますよね。

多様なサイズラインナップ

現在、販売されているモデルは全部で11種類(No.2~No.10、No.12~No.13)あります。ブレード・グリップのサイズが細かく分かれており、使用用途や使用する人の手の大きさに合わせてベストな選択をすることが可能になっています。売れ筋モデルの「 No.7 」や「 No.8 」にはグリップに色が付いた カラーモデル や 記念モデル が多くラインナップされています。同じサイズでも用途に合わせてグリップの色を変えて使うのもオシャレですね。

安全性の高い ブレードロック機構

オピネルの「 No.6 」以降にはセーフティーリングが付いています。正式には『 ヴィロブロック (Virobloc)』と呼ばれおり、開刃時にリングを捻ることで ブレードをロック することができます。この ヴィロブロック は単純な構造なのですが、ブレードの開・閉時のどちらでもブレードを確実にロック出来る形式になっています。オピネルのナイフは道具として一番重要な機能面でも非常に優れていると言えるでしょう。

 

OPINEL ロック機構

写真の左端にある金属のリングが ブレードロック ( ヴィロブロック )です。
なんでも1955年に考案されたそうです (*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

OPINEL ロック機構
ヴィロブロックを回すとロックが解除されブレードを開刃(オープン)することができます。

OPINEL ロック機構
ブレードを完全にオープンにした状態です。
このままの状態でも使用できますが、さすがに危ないですよね。

OPINEL ロック機構
ヴィロブロックを回すとロックがかかり、ブレードが完全に固定されます。
シンプルな『 ロック機構 』ですが、これほど確実なものも無いと思います。
  

多種多様な カスタマイズ性

オピネルナイフが持つ多様な カスタマイズ性 を支えているのは、全部で5点という部品点数の少なさだと思います。単純な構造のため、分解・組立が非常に容易であるとことに加え、元々持っているシンプルなデザインは何もない「白いキャンバス」のように、使用する人の個性を具現化することが可能です。オピネルはそのまま使っても素晴らしいナイフだと思いますが、 カスタマイズ することで世界で1本、自分だけの スペシャルナイフ に仕上げることができます。この器の大きさも オピネルナイフ の大きな魅力の1つですね。

 

インターネットで「オピネル カスタマイズ」や「オピネル 改造」などのキーワードで検索すると、多くのサイトがヒットします。その中でも一般的なカスタマイズが、「ハンドル加工」と「ブレードの黒錆加工(カーボンスチールモデルのみ)」になります。

ハンドル加工とは

名前のとおり、 オピネルナイフ のハンドル部分を加工する カスタマイズ です。手のひらがよりフィットするようにハンドル部分を細く削ったり、彫刻を施しデザイン性を高めたりすることが多いようです。フランスでは4年に一度、オピネルのカスタマイズを競うコンテストも開催されており、世界中からオピネルの愛好家が自慢の腕を振るった作品を出品しています。出品された作品の中には象牙を加工して宝石を埋め込んだゴージャスなものや、異種類の木材を寄木細工の様に組み合わせた工芸品のようなものまで様々あるようです。

とは言っても キャンプ や アウトドア でそんな工芸品みたいなオピネルは使用できません(汗) 一般的には「 油漬け 」という加工が多くなされているようです。

油漬け加工とは

オピネルナイフを購入したら一番最初にやるべき作業( 儀式 )です。オピネルナイフの木製ハンドル(ブナ材は特に)は水に濡れることで膨張や歪みが生じやすく、
それによりブレードの開閉がしづらくなることがあります。そのため事前に木製ハンドル部分が水を含みにくい状態にしておく必要があります。この水を含みにくい状態にする作業が「 油漬け 」と呼ばれています。

 

油漬け加工の手順は簡単2ステップです。

 

■準備するもの
①オピネルナイフ ②ジップロック(なければ普通のビニール袋で可) ③キッチンペーパー ④乾性油(エゴマ油・アマニ油・クルミ油など) ※ゴマ油やオリーブオイルなどの半乾性油、不乾性油は使用不可。

 

※参考

  • 乾性油(空気中で完全に固まる油) 亜麻仁油 ・ 胡桃油 ・ 紅花油 ・ 向日葵油 ・ 桐油 ・ 芥子油 ・ 紫蘇油 ・荏油など
  • 半乾性油(空気中で完全には固まらない油) 胡麻油 ・ コーン油 ・ 綿実油 ・ 大豆油など
  • 不乾性油(空気中で固まらない油) オリーブ油 ・ 菜種油 ・ 椿油 ・ 扁桃油 ・ 落花生油 ・ 椰子油など

 

STEP1 ( 油漬け作業 )
①ジップロックにブレードを閉じた オピネルナイフ を入れます。②次に乾性油をナイフの1/3が浸るぐらい入れます。この時ナイフが完全に浸かるまで油を入れる必要はありません。③ジップロックの空気を抜いた状態でジッパーを閉じます。(空気を抜くことでナイフが完全に油に浸かります)④この状態で最低24時間放置します。

 

STEP2 ( 拭き取り・乾燥作業 )
①時間がたったらジップロックからオピネルナイフを取り出し、ブレードを開き余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。②ある程度拭き取ったらブレードを閉じ、セーフティーリング側を下にしてキッチンペーパーの上に立てておきます。③この状態で半日放置し、隙間に溜まった油を落します。④時間がたったら再度ブレードを開き全体を拭きあげます。この時ブレードを収納するハンドルの切れ目の中も拭きあげてください。油が溜まった状態で完全に乾燥すると油の塊ができます。⑤ブレードを開いた状態で24時間乾燥させます。

 
油付けはオピネルナイフを長く快適に使うために必要な儀式です。また、油が染み込むことによって木製ハンドルの色が濃く変化をします。この辺りの色の変化も楽しみながら怪我をしないよう十分注意して作業にあたってください。

 

【追記 2019/2/14】
オピネルの油漬け効果について詳しく検証してみました。
記事:オピネルの油漬けは本当に必要?その効果を検証してみた

 

ブレードの 黒錆加工 とは

ステンレス製のブレードより切れ味が良いと言われる カーボン製のブレード ですが、水分に弱く 赤錆 が発生しやすいという弱点があります。使い込むほど味の出てくる カーボンブレード を長く楽しむためには 赤錆 の発生をいかに抑えるかが重要になります。毎回使うたびに水分を完全に拭き取って、油を差してなどというメンテナンスは面倒ですよね。そこで 赤錆 が発生する前に 黒錆 で覆ってしまうのが 黒錆加工 です。

 

黒錆加工の手順は簡単4ステップです。

 

■準備するもの
①オピネルナイフ ②紅茶のティーバッグ4つ ③お酢 ④ブレードが根元まで浸かる深さのコップ ⑤シリコンオフスプレー

 

STEP1 ( 黒錆加工液作り )
①鍋に350mlの水を入れ沸騰させます。②そこに紅茶のティーバッグ4つを入れ、しっかり煮立たせ紅茶のタンニンを絞り出します。③そこにお酢を150ml投入します。紅茶の煮出し汁とお酢の割合は7対3ぐらいで調整してください。④準備したコップに黒錆加工液(紅茶の煮出し汁とお酢を混ぜた液体)を移します。

 

STEP2 ( ブレード清掃作業 )
①シリコンオフスプレーでブレードに付着した油や汚れを綺麗に落とします。油や指紋などが残っていると 黒錆加工 した時にムラになります。※切れ味に拘る方はシリコンオフの前にブレードを研いでください。 黒錆加工後 はブレードを研ぐことはできません(せっかく加工した黒錆が落ちてしまいます)

 

STEP3 ( ブレード漬け込み作業 )
①黒錆加工液を入れたコップに切先を下にしたブレードを漬け込みます。この時ブレードの根元までしっかり浸らせてください。②この状態で1時間ほど漬け込んでください。③ブレードを取り出し綺麗に 黒錆 が乗っていれば完成です。この時ブレードを触らないようにしてください。 黒錆 が定着するまでしばらく時間がかかります。

 

STEP4 ( 乾燥作業 )
①ナイフを振って水分を飛ばします。この時絶対にタオルやキッチンペーパーで拭かないようにしてください。 ②ドライヤーでブレードを乾燥させます。 ③乾燥したら半日ほど放置して完成です。

 

以上、OPINEL (オピネル)フォールディングナイフ について深く深く考察してみました (´∂∀∂`*)ドヤァ

 

調べれば調べるだけ オピネルナイフ の魅力にハマりそうです (◎_◎;)やばやば

 

今回は最初の1本ということで No.8 の ステンレスモデル を購入しましたが、
次はどのモデル・サイズを購入しようか今からワクワクしています。。
でもその前にオピネルちゃんを油漬け加工しないと!

楽しすぎる♪

 

 

オピネル恐るべし・・・(笑) 沼沼・・・

 

では、また!

 

 

もしよければ応援クリックをお願いします! みなさんのひとポチが励みになります!