どうも!「見習いキャンパー」のひー坊です。

今回はテントの中にいつの間にか侵入する” アレ ”を撃退すべく新たなギアを購入してみました。

 

アレとは・・

 

そう。砂や葉っぱのことです。

 

子供とキャンプに行くと、いつの間にかインナーテント内が砂や葉っぱだらけ・・なんてことありませんか?

 

いわゆる遊び盛りの子供がいるキャンパーが必ず直面する「テントの入口砂だらけ、葉っぱだらけ問題」です。。

 

キャンプ場に来てテンションMAXで遊びまわる子供に「しっかり足の裏を叩いてテントに入りなさい!」と注意しても中々難しいですよね。これまでは都度ほうきで掃いたりしていましたが、さすがに面倒になりました。

 

ということで、この「テントの入口砂だらけ、葉っぱだらけ問題」を少しでも解消すべく、今更ながら「すのこ」を購入してみました。と言ってもホームセンターで売っているようなベタな「木製すのこ」ではなく、軽くてコンパクトに収納できる「すのこ」です。

 

ハイランダー(Hilander)アルミすのこロングを購入

今回もナチュラムのオリジナルブランドであるハイランダー製品を選びました。

ハイランダーはリーズナブルな価格設定にも関わらず、見た目も上質で、初心者からベテランキャンパーまで幅広いキャンパーのニーズをしっかり満たしてくれるブランドです。(安かろう悪かろうではなく、安かろう良かろうです)私にとってはアウトドア界のユニクロみたいな存在ですね。

これまでいくつかのハイランダー商品を購入しましたが、今のところハズレがないので今回もほぼ即決で購入しました。

ハイランダー(Hilander)に関する過去記事
・インフレーターマット編はこちら
・ロールトップテーブル編はこちら

ハイランダー(Hilander)アルミすのこロングの基本情報

  • サイズ:80センチ×29センチ
  • 素材:アルミニウム
  • 価格:2,480円(税込)

開封・内容物

ハイランダー(Hilander)アルミすのこ 梱包ナチュラムの楽天市場店でポチって2日後には到着しました。

 

ハイランダー(Hilander)アルミすのこ 収納ケース専用の収納袋が◎

ハイランダー商品は前回のキャンプブログで紹介した、スチールポールセットの時もそうでしたが、リーズナブルなのに専用の収納袋も付いてるという気前の良さ♪

ありがたいですね~

 

アルミすのこご対面~(笑)

収納袋の中からはジャバラ状に折り畳まれたアルミすのこが出てきました。

収納袋も意外としっかりしてるので、しばらくは使えそうな感じです。

 

アルミすのこ第一印象は細いでした。収納時のサイズは横が80センチ、奥行が約5.5センチ、高さも約9センチと車載にも優しいサイズ感です。これなら車のちょっとした隙間にも入りそうです。

 

ハイランダー(Hilander) ロゴ端にはハイランダー(Hilander)のロゴがどーん!とあります。個人的にはもう少し控えめでもいいかなと思いました。。

 

ハイランダー本体はベルクロテープで固定されています。さすがハイランダー細かいところまで気が利くな~と思っていましたが、

 

アルミすのここのすのこはショックコードで繋がっていて、ベルクロテープを外すと自動的にびよ〜んと広がります。

 

ハイランダー(Hilander)アルミすのこ板と板の間にある白いプラスチックは板と板の間隔を均等に保つためのものですね。隙間が無いとすのこではなく、ただの板になりますし、隙間からゴミを落とすこともできません。そういう意味では意外と重要なパーツなんですね。

 

ハイランダー(Hilander)アルミすのこ完全に広げた状態です。サイズは横幅が80センチ、奥行が29センチになります。艶消しのブラックがソリッドでカッコいいですね。よくあるシルバーのアルミすのこより高級感を感じます。

塗装の質感を心配していましたが、見た感じ色ムラも無いようです。

ちなみにカラーはブラックの他に定番のシルバーと木目調の全3色がラインナップされています。

 

ハイランダー(Hilander)アルミすのここちらは裏面(ロゴが無い方)を上にしてみました。このアルミすのこは両面とも同じ構造なので、ロゴが気になるなぁ〜という方は裏面での使用をおすすめします。

私もたぶん裏面利用かな~(笑)

 

アルミすのこ テント 入口 玄関5歳の長男を乗せてみました。横幅が80センチあるので、子供なら2人同時に乗っても大丈夫そうです。

すのこの前で靴を脱ぎ、テントに入る前にすのこでワンクッション。これだけで足裏の砂や葉っぱはグッと減りそうです。また、小さな子供は立ったまま靴を履くことが苦手なので、すのこに座って靴を履けるというメリットもありますね。

しかも、今思い付きましたが、ランドロックなら横に2枚並べて160センチ幅で余裕を持って使ってもいいかもですね~♪ 本体自体がコンパクトに収納できるので車載にも影響しなさそうだし、なんと言っても2,480円ですから ^^

 

ハイランダー(Hilander)アルミすのこロングのまとめ

キャンプで「すのこ」なんて何に使うの?という声が聞こえてきそうですが、こういう「すのこ」が1つあるととても重宝しそうです。テントの入口にこの「すのこ」を置くだけで、靴の脱ぎ履きが楽になるだけでなく、テントの中に泥や砂利が入ることも防いでくれそうです。

他にも一時的な荷物置きや、クーラーボックス置き、着替える時の足場や、テーブルの天板など。想像すればするほど色々な使い方が浮かんできます。

「ハイランダーのアルミすのこ」は、無くてもキャンプは楽しめるけど、あると何かと助かる便利な道具。そんな感じでしょうか♪

 

耐久性や実際の使い心地などは改めてレポートしたいと思います ^^

 

では、また!

 

もしよければ応援クリックをお願いします! みなさんのひとポチが励みになります!

 

今回ご紹介したキャンプギア