ハイランダー(Hilander)ロールトップテーブル
どうも!「見習いキャンパー」のひー坊です。

以前から欲しかった、 ハイランダー(Hilander)ロールトップテーブル を購入しました! 木製のロールトップテーブルって簡単には手が出せない価格帯(2万円~4万円)のものが多い中、なんと1万円で購入ができるんです!

 

コスパに定評のあるハイランダーでも、木製のロールトップテーブルは作る工程も多く、さすがに値段相応のテーブルかな。 と、あまり期待せずに買ったんですが・・・  さすがハイランダー! 予想以上にしっかりとしたテーブルが届きましたよ!!

 

すでに2回ほど実践投入したので、メリット・デメリットを含めて、どこよりも徹底的にレポートしてみます ( ̄^ ̄)ゞ

 

ハイランダー(Hilander)とは

ハイランダーはアウトドア大手ECサイトのナチュラムが手掛けるプラべートブランドの商品です。 経験者はもちろん、これからアウトドアを始める初心者にも使いやすくコストパフォーマンスに優れたアイテムを数多く取扱っています。

アウトドア商品を知り尽くしたナチュラムだからこそできる「低価格」「お洒落」「高品質」という、三拍子揃ったアイテム群は多くのキャンパーから支持されています。

ハイランダー商品についての過去記事はコチラ

 

ハイランダー(Hilander)ロールトップテーブル2開封レポート

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2▲ポチった翌々日には到着しました。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 収納バッグ▲専用の収納ケースが付いてます。 素材は若干薄めで頼りないですが、持ち手が長く肩から掛けられるので使いやすそうです。 しかし、何が入ってるの?ってぐらい重たいです・・・

ハイランダーロールトップテーブル2 収納袋▲ご対面~♪ 当然中にはテーブルしか入っていません(笑)脚の部分と天板部分がわけて収納できるので傷も付きにくそうですね。 特に天板側にはベルトが付いていて巻いた状態をキープできるようになってます。 ちょっとした事ですが、この気遣いが嬉しいですよね。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 取扱い説明書▲注意書きです。当たり前の事が書いてあります (笑)

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 本体▲天板と脚(ベース部分)です。 これだけ見ると脚の部分の組立てが複雑そうに見えますが、安心して下さい。 すごく簡単でした。

脚部(ベース部分)の組立て方法

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲さっそく組立てて行きましょう!

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲まずは左側の脚を開いていきます。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲90度になるまで開きました。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲金具をぐっと上に押し込みロックをかけます。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲カチッとロックがかかりました。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲次に右側の脚を開いていきます。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲こちらにも金具があるので、同じようにロックをかけてください。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲下側のロックもかけておきましょう。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲左右共にロックがかかりました。 でもまだ完成ではありません。 実は裏側にもロックする所が一箇所あるんです。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲脚を裏返しにすると、右側にロックをかける所があります。

ロールトップテーブル 脚部 留め金具▲上の長い棒みたいなやつです(笑)

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲これを時計回りにクルリと回して、シルバーのポッチに引っ掛けます。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲これで左右共に完全にロックがかかりました。 この裏側のロックは忘れがちなので気を付けて下さいね!

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲立ててみました。 この状態から~

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲ご開帳~ (笑)

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲はい!脚部(ベース部分)の完成です!

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲ガタツキもなくシッカリとした作りです。 安いテーブルだとこの時点で脚の長さが違ってたり、金具の取り付け位置がズレていたりで、多少ガタガタするんですよね。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部▲上から見てみました・・ うん!いい感じです♪ 慣れてしまうと脚を開くまで10秒もかからないと思います。 個体差があるのかもしれませんが、口コミで言われているような各部品のズレが原因の組み立てづらさは皆無でした。

ハイランダーロールトップテーブル 脚部 金具▲脚部の各パーツはしっかりとしたステンレススチールの金具でガッチリとリベット留めされています。

ハイランダーロールトップテーブル 脚部 金具▲金具自体にも厚みがあり、かなり頑丈そうです! 安心感がありますね!!

天板の取り付け方法

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板▲次は天板いきまーす!

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板▲名前の通り天板はロール状にクルクルと巻かれています。巻くことでコンパクトに収納できるんですよね~ これを最初に考えた人スゴいです!

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板▲天板の表面です。 木目や色合いはバラバラですねー(笑) このあたりは想定の範囲内ですが、気になる方は気になるかも。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板▲天板の裏面です。 二本のベルトがありますが、このベルトがロールトップテーブルのキモなんですよね。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板▲天板の横板はこのベルトにタッカー(建築用のホッチキス)で一枚一枚留めてあります。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板▲角も面取りしてあるので安心ですね。 小さな子供が一緒のファミリーキャンパーには重要なポイントです。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板▲多少雑なところもありますが・・ 合格点だと思います (笑)

ロールトップテーブル 天板 穴▲天板の四隅には穴が開いています。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板組立て▲天板を脚の上に乗せます。

ロールトップテーブル 脚部 天板 連結 ダボ▲脚の四隅にダボ(丸い筒状の突起)がありますので、さっきの天板の穴に入れます。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板組立て▲4ヵ所を同時に入れることは出来ませんので、片方ずつ入れていきますよ。

ロールトップテーブル 脚部 天板 連結▲穴の方が若干大きめなので簡単に入ります。

ロールトップテーブル 脚部 ダボ 天板 連結▲片側(2ヵ所)の取り付けが完了しました。 ここまでは簡単です。 この後、ロールトップテーブル組み立ての最難関が待っています。 と言ってもコツさえ掴めば簡単なんですけどね。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板組立て▲今度は反対側を留めていきますが、あれ?天板の長さが足りていません・・・

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板組立て▲横板2枚分ぐらい短いですよね。 でも心配は不要です。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板組立て▲実は天板の裏側にある2本の黒いベルトは伸縮性のある素材で出来ています。 少し力が必要ですが、ぐっと引っ張れば穴に入れることができます。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板組立て▲はい。 ハマりました! コツは遠慮せず思いっ切り引っ張ることですね! 2人いれば1人がテーブルを押さえてもう1人が天板を引っ張れば簡単なんですが、1人で組み立てる場合は、脚部を自分の足で押さえて天板を引っ張ると上手くハマると思います。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板組立て▲ベルトのテンションで脚(ベース)の部分にガッチリハマっています。 当然、ガタツキも一切ありません。

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 天板組立て▲ロールトップテーブルの完成です。 部屋の中で使っても違和感がないくらいお洒落なテーブルです! 組み立ても慣れると20秒ほどでできますよ。

 

ハイランダー(Hilander)ロールトップテーブル2の商品仕様

■商品詳細

素材:ブナ
サイズ:90×60×43cm
収納サイズ:11×15×91cm
耐荷重:30kg
重量:約10kg
引用:ナチュラムより

ロールトップテーブル2になって変更された点

ロゴの位置が変更

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 脚部 ロゴ▲従来のロールトップテーブルは天板の端にHilanderのロゴマークがありましたが、ロールトップテーブル2になり、脚の先に移動になってます。これはハイランダーの人気商品「ウッドフレームチェア」の仕様に合わせての変更のようです。 個人的にも脚先の方がスマートだと思います。

脚先にキャップが付いた

ロールトップテーブル2の変更点 キャップ▲脚の先に専用の黒いキャップが付きました。 室内やテント内で使ってもキズが付かないようにとの配慮ですね。 こちらは手で簡単に取り外せる様になっておりますので、外で使う際は従来通りキャップを外していただいて、室内で使用の場合にはキャップを付けて、と使い分けて頂く事が可能です。(もちろん外でキャップを付けたままでも問題ありません) また、キャップが付いたことで室内で使用する際、ガタツキを軽減する効果も高そうです。 ※キャップ単品の販売もされています。

販売価格が変更になった

▲仕様が変更される前のロールトップテーブルは9,980円で販売されていましたが、ロールトップテーブル2になり、10,980円で販売されています。 脚先のキャップが1000円(@250円)するとは思えませんが、世界的に材料のブナ材の希少価値が高まってきているそうなので、妥当な値上げかと考えます。

ハイランダー(Hilander)ロールトップテーブル2の実寸サイズ

天板の横幅は?

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 サイズ▲横幅(長い方)は87.5センチです。 商品仕様では90センチとなっていますが、両端の横板それぞれ1枚はカウントできませんので、有効寸としては若干短くなっています。 ちなみに板1枚の横幅は3.3センチです。

天板の奥行は?

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 サイズ▲奥行(短い方)は60センチです。 ここは商品仕様どおりです。

天板までの高さは?

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 サイズ▲高さは44.3センチです。 商品仕様では43センチなので1.3センチも違っています。 他のテーブルと高さを合わせたい場合もあるので、テーブルの高さは以外と重要なポイントなんですよね。

天板の厚みは?

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 サイズ▲天板の厚みは1センチです。 これぐらい厚みがあると多少重たい物を乗せても天板がしなることは無さそうです。

脚部の太さは?

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 サイズ▲脚の部分は2.5センチの角材が使われています。 少し細く頼りなく感じるかもしれませんが、ブナ材という非常に固く粘りのある素材のため、テーブルとしては必要十分な強度があります。(耐荷重は30キロ) 細身の脚がスタイリッシュに見えるデザインのポイントになっています。

天板の隙間は?

Hilander ハイランダー ロールトップテーブル2 サイズ▲天板の横板と横板の隙間は4ミリです。 ロールトップテーブルとして絶妙な幅だと思います。 この隙間が大きいとお箸などが隙間から落ちてしまうんですよね。 4ミリだとお箸が落ちることもなく、普通のテーブルとして違和感なく使うことができます。 ただしテーブル上で飲み物が倒れた場合は隙間から足元までこぼれてしまいますのでご注意を。あと、テーブルの上で書き物をする場合は下に何か敷かないと書きづらいと思います。

 

ハイランダー(Hilander)ロールトップテーブル2のメリット

リーズナブルな価格

とにかく木製のロールトップテーブルとしては破格の値段です。 海外の有名ロールトップテーブル、例えば「バイヤーオブメイン」や「ペンドルトン」、「ハングアウト」、「アウトプットライフ」などが2万円~4万円するなか、ハイランダーのロールトップテーブルは1万円強で購入できます。 その価格設定ゆえに発売元のナチュラムでも売切れている事が多く、「ある時が買い時」な商品です。

堅固な作り

ブナ材という非常に硬く粘りのある素材で作られているため、テーブル自体に強度があります。 また木材を支える金具もリベットでしっかり固定されており、組み立ての精度が高いのか全くガタつく様子もありません。

以前のロールトップテーブルの口コミを見ると金具に緩みがあったり、ダボ穴の位置や木ダボの長さが左右で違ってたりと、組み立て精度の低さからくるトラブルもあったようですが、ロールトップテーブル2になってその辺も改善されているようです。

お洒落なデザイン

木製のテーブルはややもすると重たい雰囲気になりがちですが、ハイランダーのロールトップテーブルは各パーツが強度を保ちながらミニマムに設計されているので、とてもスタイリッシュな外観に仕上がっています。

ブナ材の自然な色合いや素材感を活かしたシンプルながらも高いデザイン性は、どんな空間にも馴染みやすく使用する場所を選ばない、フレキシブルな使い方が可能です。 脚部の金具がブラックという所も全体のイメージを引き締めるアクセントになっているのではないでしょうか。

デザインだけで言えば海外製の有名ロールトップテーブルよりも格段に優れていると思います。

コンパクトに収納できる

ロールトップテーブル最大の魅力は何と言ってもコンパクトに収納できることです。 テーブルを構成するパーツの中で一番大きな天板をクルクルと丸めて収納することで、収束式のチェアのように棒状にまとめることができます。 ハイランダーのロールトップテーブルを専用の収納袋に入れた時のサイズは11×15×91cmと非常にコンパクトになり、車への積み込みも容易です。

ハイランダーロールトップテーブル 収納サイズ

引用:ナチュラム

ハイランダー(Hilander)ロールトップテーブル2のデメリット

重い

テーブルの重さは約10キロ。 見た目のコンパクトさとは裏腹にずっしりとした重さがあります。 これはブナ材自体が硬く重たい素材であることに加え、脚部を支える金具(ステンレススチール)にしっかりとしたものが使われているためです。

天板を外すのが大変

天板に付いているゴムバンドの力で脚部を挟みこむ仕様のため、天板を外すには多少のコツと力が必要です。 男性であれば脚部を足で押さえながら天板を引っ張り、ダボから天板を外すことができますが、女性の場合は慣れるまで2人で作業することをオススメします。

食べ物をこぼすと大変

ロールトップテーブルは天板を丸めて収納するため、複数枚の板をつなげた構造(すのこ状)になっています。 当然ですが板と板の間には4ミリ程度の隙間があり、テーブルの上で飲み物が倒れた場合は隙間からこぼれることを覚悟しなければなりません。

また、掃除する時も通常のテーブルであれば天板をサッとひと拭きすれば済むところ、ロールトップテーブルは板と板の間を1枚ずつ拭く必要があります。

多少の色ムラや傷がある

高級家具のように木目や色目合わせをしていないため、天板や脚部には色ムラがあります。 ブナ材は傷が付きにくい素材ですが、製造段階で多少の傷やスレが付くこともあるようです。 通常使用に耐えられない程の傷や割れを除き、木製製品の味を楽しみましょう。

まとめ

あえてデメリットも上げましたが、これらはロールトップテーブル全般に言えること。 ハイランダーのロールトップテーブルは非常に満足度の高いコストパフォーマンスの高いテーブルでした。 あまりの人気に売り切れていることも多いようですが、チャンスがあれば是非購入をオススメしたい商品です。

ウッドテーブルを検討しているのであればハイランダーのロールトップテーブル2を購入しておけば間違いないと思います。

インフレーターマットといい、ハイランダー商品には本当にいいアイテムが揃っています。 次は何を買おうか・・・ ハイランダーの底無し沼にハマりそうです。。

 

では、また!

 

もしよければ応援クリックをお願いします! みなさんのひとポチが励みになります!