どうも!「見習いキャンパー」のひー坊です。
またまた買ってしまいました!オレゴニアンキャンパー! 今回は『 メッシュドライバッグ 』という商品を購入しました。

 

最近、オレゴニアンキャンパーにかなりはまっています ^^ とにかくデザインがカッコ良く、使い勝手がいい商品が沢山あります。

 

しかもリーズナブル!!

 

おこずかい制の私には神メーカーです ^^

 

なぜ、今回メッシュドライバッグを購入したかというと、以前からキャンプ食器の乾燥方法を模索していました。

 

キャンプ場で食器を乾燥させるグッズには『 カゴ・ボックス系 』『 ディッシュスタンド系 』『 ドライネット系 』などいくつかありますが、これまで所有欲を満たしてくれそうなグッズに出会うことがありませんでした。

 

『 カゴやボックス系 』は食器の出し入れや持ち運びはラクだけど車載を含めて場所を取るのでNG。

 

『 ディッシュスタンド系 』は見せる収納が好きな方には良いかもしれませんが、個人的には食器が並んでいるのは生活感を感じるし、何より虫やゴミが付くのでNG。

 

そうなると必然的に省スペースで虫やゴミから食器を守ってくれる『 ドライネット系 』になるのですが、よくテントサイトに吊り下げられている青や緑色のドライネットはどこからどう見ても干物の干しカゴにしか見えないという・・・

 

あのスノーピークからもラップラックというアイテムが発売されていますが正直微妙です。 機能的に一番良いのは分かるんですけど、どうしても見た目が許せません。。

 

そんな中で一目惚れしたのがOregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)の『 メッシュドライバッグ 』でした。 見つけた瞬間に食器の乾燥に使えそう! と心がときめきました ♪

 

では、さっそくオレゴニアンキャンパーのメッシュドライバッグについてレポートしていきます。 キャンプでの食器類の乾燥問題に悩んでおられる方は是非参考にしてみてください ^^

 

Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)とは

オレゴニアンキャンパーはMADE IN USAにこだわったアパレルブランド「 Oregonian Outfitters 」から派生したアメリカンスタイルのキャンピングギアブランドです。 焚き火のロゴマークが印象的ですね。

オレゴニアンキャンパー ロゴマーク

 

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ 購入レポート

オレゴニアンキャンパーのメッシュドライバッグには2種類のカラーがあります。

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ 種類

(出典:オレゴニアンキャンパー オフィシャルHPより)

カラーについては「 カモ×ブラック 」とかなり迷いましたが、以前購入した『 セミハードギアボックス 』に合わせて「 カモ×コヨーテ 」にしました。たぶん「 カモ×ブラック 」を購入するのも時間の問題だと思います(笑)

過去記事:オレゴニアンキャンパー セミハードギアケースで男前収納を実現

 

パッと見た目はトートバックのような外観です。
口布(巾着の紐を通す場所)の部分がカモフラージュ、それ以外がコヨーテの配色になっています。 このカモフラージュの絶妙な使い方がオレゴニアンキャンパーを好きになった理由の一つです。

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ 全体

商品詳細

  • 品名:オレゴニアンキャンパー (OregonianCamper)メッシュドライバッグ-MESH DRY BAG
  • 品 番:OCB 801 MULTI CAMO/COYOTE
  • カラー:MULTI CAMO×COYOTE(マルチカモ×コヨーテ)
  • サイズ:幅30、高さ38、マチ15cm

 

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ マルチカモカモフラージュ色の口布です。 持ち手の付け根部分もしっかり縫製されています。

 

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ しぼりロープこの紐を引っ張ることでトートバックの形状から巾着状にできます。

 

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ しぼり紐を引っ張ると大きな巾着袋になりました。 食器を乾燥させる時はゴミの侵入を防ぐためこの形状で使用します。

 

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ ロゴ表面の下部にはオレゴニアンキャンパーのロゴがあります。 いいアクセントになっていますね。

 

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ 透け具合メッシュの透け具合はこんな感じです。 あまり透け透けだと中身が見えてしまい、生活感につながるのでこれぐらいが丁度良いのかもしれません。 しっかりした厚めのメッシュなので簡単に破れたりはしなさそうですね。 また、食器類を乾燥させる際もゴミの侵入を抑えながら、しっかり通気性も確保してくれそうです。

 

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ デイジーチェーン胴帯の表面部分には『 デイジーチェーン 』が付いています。

 

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ デイジーチェーン『 デイジーチェーン 』とは、輪のような形をしたナイロンベルトのことです。 登山用のリュックなどによく使われており、輪にカラビナや紐を通してギアをぶら下げる事ができます。 すぐ使うものを一時的にぶら下げたりする時に便利だと思います。 シェラカップを引っ掛けて使ってもいいかもです。

ちなみに裏側にも胴帯はありますが、デイジーチェーンはありません。 個人的には裏側にもデイジーチェーンがあればより便利かなと思いますね。

 

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ 裏裏側はロゴもデイジーチェーンもないシンプルなお顔です。 これはこれで良いのかもしれませんが。

 

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ マチマチは15cmあるので見た目以上の収容力がありそうです。

 

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ 中バックの口を全開にしてみました。 入れ方さえ工夫すればかなりの食器が入りそうです。

 

実際にキャンプ食器を乾燥させてみた

では、実際にどのくらいの量の食器類が入るのか? また、ちゃんと乾燥させることが出来るのか? を試してみたいと思います。

 

ここが一番重要なポイントですよね ^^

 

今回、メッシュドライバッグを使って乾燥させたキャンプ食器類がこちらです。

キャンプ 食器 アイテム

 

食器類リスト

  • ラージメスティン × 1
  • GSIステンレスグラス × 2
  • ボウル皿(白) × 2
  • ボウル皿(カラー) × 4
  • 平皿×2
  • フォーク(大小) × 4
  • スプーン(大小) × 4
  • オピネルナイフ × 1
  • GSI三徳ナイフ × 1
  • まな板 × 1
  • 食洗用スポンジ × 1
  • ユニフレームシェラカップ × 2
  • トング × 1

 

大人2人、幼児2人で使う1食分の食器類になります。 もちろんその日のメニューで変わりますけど、だいたいこんな感じです。

 

実際に洗って乾燥させてみましたよ。 実験のフィールドはキャンプ場ではなく、自宅ベランダです・・・ 笑

オレゴニアンキャンパー ドライメッシュバッグ 食器乾燥 実験この日は久しぶりの寒波の影響で小雪が舞うコンディション。 デイジーチェーンにはトングとシェラカップを引っ掛けてみました。

 

気温が低く食器を乾燥させるには少し厳しいかと思いましたが、約2時間ほどでカラッカラに乾燥。 風が強かったから? それとも空気が乾燥していたから?

 

どちらにしてもメッシュドライバッグが食器の乾燥に使えることが分かりました。

 

今回は1食分の食器類を入れてみましたが、正直これぐらいが限界でしたね。 特にまな板を入れるとバッグが上手く広がらず、有効に使える空間が少なくなるので別にした方が良いかもしれません。 逆にまな板が無ければ平皿で3~4枚ぐらいは追加出来そうな感じでしたよ。

 

もしくはバッグをもう1つ購入して食器の種類によって2つのバッグを使い分けるとより便利かもしれません。 1個あたり約1,500円なので追加購入もしやすいですよね ^^

 

マルチカモ×ブラックも渋くてカッコいいです! 撤収日は乾燥させた食器類をそのまま収納して持って帰るという使い方も良いかもしれません。

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ 収納(出典:オレゴニアンキャンパー オフィシャルHPより)

アイデア次第で使い方の幅が広がる メッシュドライバッグ

ここまで『 キャンプ場で食器を乾燥させる 』という使い方にフォーカスしてきましたが、見た目がトートバッグのメッシュドライバッグはアイデア次第でいろいろな使い方が出来そうです。

 

例えばメッシュバックの通気性を活かした使い方として思い付いたものを羅列してみました。

 

  • ビーチやスポーツジム、プールで着替えた水着やタオルなどを入れるバッグとして。
  • 公園の砂遊びのおもちゃやボール入れとして。
  • お風呂のおもちゃ入れ(水切り用)として。
  • キッチンまわりでは野菜や果物の保管や持ち運び用として。
  • キャンプではジュースやビールなど飲み物の流水冷却用として。
  • 衣類の整理やランドリーバッグとして。
  • オシャレなトートバッグとしてショッピングや普段使い用として。

 

メッシュドライバッグが1つあるとアウトドアに限らず色々なシーンで活躍してくれそうです ^^

 

普段使いのイメージ(笑)街中で使っても違和感ないと思います。 ていうか自分がいつも使っているバッグよりオシャレかも。。

オレゴニアンキャンパー メッシュドライバッグ 肩掛け持ち手(肩紐)の幅が広くて長いので、肩にかけての持ち運びも楽チンです!

まとめ

オレゴニアキャンパーのメッシュドライバッグを使ってキャンプ食器をしっかり乾燥させることができました。 価格も安くお洒落なデザインなので、食器の量や使用用途に合わせて複数個を使い分けてもいいかもしれません。

もちろんキャンプ食器を乾燥させるための専門ギアと比較すると使い勝手は劣りますが、手持ちのキャンプギアの中に1つ加えておくと色々なシーンで活躍してくれそうです。 アイデア次第で使い方の幅が広がる『 ドライメッシュバック 』はトータルで考えて、なかなか素晴らしい商品だと言えます。

 

キャンプ場で食器類を乾燥させる方法を模索している方はぜひ参考にされてみてください。

 

では、また!

 

もしよければ応援クリックをお願いします! みなさんのひとポチが励みになります!

今回ご紹介したキャンプギア