どうも!「見習いキャンパー」のひー坊です。
2019年4月26日に日本でも最大級のアウトドアショップ「 アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア福岡春日店 」がオープンしました。

 

少し前からテレビや雑誌で話題のアウトドアショップです。なんと売場面積は1,200坪、350ブランド、8万点以上の商品を扱う超大型店です。

 

そんな規格外のアウトドアショップに早速行ってきました。店内の雰囲気を含めて徹底的にレポートしたいと思います。

 

アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア福岡春日店の基本情報

店舗名

アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア 福岡春日店

住所

〒816-0849
福岡県春日市星見ヶ丘6丁目63

営業時間

10:00〜21:00

電話番号

092-595-5801

マップ

近隣には大型のディスカウントストアや家電量販店が立ち並んでいます。
また、新興住宅地にも隣接しているため平日の夕方や週末を中心に渋滞するエリアです。

アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア福岡春日店は品揃えがすごい!

アルペンアウトドアーズオープン初日にもかかわらず意外とスムーズに駐車することができました。というのも駐車場は近隣の商業施設と共有のため、かなりの台数が駐車できます。

 

アルペンアウトドアーズ 取扱いメーカー入口の横には取り扱いメーカーの大きな看板が掲示されています。なかなか実物を見ることができないメーカーも多いですね。個人的にはガレージブランドがどのくらい入っているのかが気になります。

 

フロアーインフォ1階はMOUNTAINフロアーということで、登山用品・シューズ・自転車・カヤックなどが展示されています。2階はCAMPフロアーということでキャンプ関連のアイテムが展示されているようですね。

 

MOUNTAINフロアー

一階フロアーマップ1階のフロアーマップです。
ジャンルによって売り場がきれいに分けられているので見やすく快適に買い物が楽しめそうです。

 

1階 シーン別陳列コーナー

  • PACKING(パッキング)
  • TREKKING(ウェア・グッズ)
  • CLIMBING(クライミング・ボルダリング)
  • PADDLE(カヤック・サップ)
  • BIKE(自転車・メンテナンス用品)
  • TRAIL RUN(トレイルランニング・ランニング)
  • BOOTS & SHOES(ブーツ&シューズ)
  • GEAR & ACCESSORY(専用小物)

 

 

一階早く2階キャンプコーナーに上がりたい衝動をぐっと抑えて1階から見て回りましたよ(笑)

 

PACKINGコーナー

パッキング売場

TREKKINGコーナー

トレッキング売場

PADDLEコーナー

カヤック売場

BIKEコーナー

自転車売場

TRAIL RUNコーナー

トレイルラン売場

BOOTS & SHOESコーナー

靴売場

CLIMBING(GEAR & ACCESSORY)コーナー

クライミング売場

 

ボルダリング施設

入口横にはクライミングウォールも設置されています。アルペンアウトドアーズは体験型アウトドアショップとして、試着したトレッキングシューズを履いて歩ける登山道さながらの石畳など、実際の使用感をイメージできる売場作りがされていました。また、店内通路も広くとられているため、小さな子供連れのファミリーや、車椅子に乗られた方でもストレスなく買い物が楽しめそうです。

 

トイレ(オストメイト設備あり)

入口のすぐ横にはトイレがあります。多目的トイレにはオストメイト設備も備え付けられています。また、ベビーシートも多目的トイレ内にあるようです。

オストメイトとはさまざまな病気や障害、事故などが原因で、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)と呼ばれる便や尿の出口を手術によりお腹に取り付けている人たちのことを呼びます。

 

トイレ

オストメイトトイレバリアフリーなお店は多いですけど、アルペンアウトドアーズはもう一歩先をいってますね。

 

CAMPフロアー

いよいよお楽しみのキャンプフロアーです。

2階フロアーキャンプフロアーはウッドデッキを中心にシーン別の売場が配置されています。

 

2階 シーン別陳列コーナー

  • FASHION(メンズ・レディース・キッズ・アクセサリー・バッグ・シューズ)
  • WOOD DECK(テント・タープ)
  • SLEEPing(ランタン・スリーピングギア)
  • DINing(クッキングギア・テーブルウェア)
  • LIVing(ファニチャー)
  • GOODS(アクセサリー・キャンプ小物)

ショップインショップ

  • LOGOS(ロゴス)
  • Coleman(コールマン)
  • snow peak(スノーピーク)

 

アルペンアウトドアーズ 2階2階キャンプフロアーの入口です。広すぎて奥が見えません・・

では、早速フロアーを反時計回りに見ていきます。

 

FASHIONコーナー

ノースフェイスTHE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)

 

パタゴニアpatagonia (パタゴニア)

 

コロンビアColumbia (コロンビア)

 

その他にも多くのファッションブランドが並んでいました。

 

ショップインショップ

LOGOS (ロゴス)

ロゴスロゴスの2ルームテントのフラッグシップモデル「プレミアム PANEL ストロングGドゥーブル」です。さすがにロゴスのプレミアムラインだけあっていいお値段します。。初めてじっくりと見ましたが、テント内にランタンフックが多くて使いやすそうです。

Coleman (コールマン)

コールマンコールマンの2人用テントの「コーカサス」が展示してありました。また、写真には写っていませんが、コールマンの大型2ルームテント「ウェザーマスター」も展示してありましたよ。

snow peak (スノーピーク)

スノーピークスノーピークは「エントリー2ルーム エルフィールド」が展示してありました。エントリーキャンパーにとって必要十分な機能を備えながら、手の届きやすい価格帯を実現したエントリー向けの2ルームテントですね。

 

ザ・ノース・フェイス、ロゴス、コールマン、スノーピークの各店にはメーカースタッフが常駐しており、いつでもアドバイスをしてもらえるそうです。

 

SLEEPingコーナー

ランタン売り場

アルペンアウトドアーズ ランタンランタン売場は四方に棚が設置してあり、まるでランタンの図書館みたいな作りになっています。

アルペンアウトドアーズ LEDランタンLEDライトの多くは点灯展示してあるため、明るさや色味を確認してから購入することができます。イメージがつきやすいですね。

アルペンアウトドアーズ ガス ランタンさすがにガスランタンは点灯してありませんが、手に取って操作感を確かめることができます。

アルペンアウトドアーズ ケロシンランタン少しマニアックなランタンも置いてありましたよ。ヴェイパラックスペトロマックスなど、真鍮やステンレス製の灯油ランタンです。いつか使ってみたい憧れのランタンです。

アルペンアウトドアーズ ケロシンランタンヴェイパラックス M320」です。ピカピカの真鍮製と違ってこちらもオシャレです。

テント・コット売り場

アルペンアウトドアーズ テントテント売場はこれまた圧巻でした。オガワなどの国産幕だけでなく、オシャレな洋幕がずらりと並んでいます。なんと360種類の取り扱いがあるとのこと。圧巻ですね!!

アルペンアウトドアーズ ノースフェイスザ・ノース・フェイスの「ジオドーム4」です。このテントはノースフェイスの歴史ともいえる名作の球体型のドームテントです。風にも強く風速約26m/sにも耐えられる強度があるそうです。もちろんお値段も・・・ 

アルペンアウトドアーズ ヒルバーグヒルバーグのテントもありました。これもなかなか実物を見る機会が少ないテントですね。雪山や砂漠などの極限の環境にも対応できる安定性と強度を持つプロスペックのメーカーです。

個人的にはヒルバーグの「スタロンXL」というモデルを見てみたいですね。

アルペンアウトドアーズ ローベンスデンマーク発のテントブランド「ローベンス」も豊富にありました。ローベンスといえば居住性はもちろん、やはり雨風に圧倒的に強いこと、さらにどんな状況でも換気システムが完全に機能することが特徴です。アウトドアでの安全性に徹底的に拘ったメーカーです。

アルペンアウトドアーズ ノルディスク今やおしゃれキャンパーの代名詞となったノルディスクもあります。今、話題のグランピング用テントといえばノルディスクの「アスガルド」ですね。シンプルでありながらラグジュアリーな雰囲気を醸し出す唯一無二のメーカーです。

棚の中段には、kirkhamsの「クラッシックジャック100」もありますね。これも感度の高いキャンパーに大人気のテントです。

アルペンアウトドアーズ ヘリノックス コットコット類も充実しています。ヘリノックスの「タクティカルコット」が展示してありましたが、本当に軽いですね!しかもテンションの張り具合が絶妙で寝心地最高でした。これは欲しいですね~

DINingコーナー

クッキングギア売り場

アルペンアウトドアーズ ダイニングダイニングコーナーには調理器具やクーラーボックスなどが並んでいます。

アルペンアウトドアーズ BBQグリルアメリカンなグリルが並んでいます。本格的なバーベキューが学べるグリルレッスンなども開催されているようです。

アルペンアウトドアーズ BBQグリル本格的過ぎるバーベキューグリル・・・これ何処で使うの??笑

アルペンアウトドアーズ アイアンクラフト焚き火料理を快適にする焚き火ハンガーです。鉄製なので火のそばで使っても安心でケトルやダッチオーブンを吊るして火に掛けたり、ツール類を吊るすなど、焚き火周りを快適にしてくれるアイテムです。

クーラーボックス売り場

アルペンアウトドアーズ クーラーボックス オルカクーラーボックス売場には氷が10日間も溶けないといわれる最強のクーラーボックス「オルカ」が展開してありました。もちろんお値段も最強クラスです・・・

オルカの次に種類が豊富だったのが、こちらもハイスペッククーラーの「アイスエイジクーラー」です。最長5日間も保冷力が持続するといわれています。その他にはコールマンの「スチールベルトクーラー」などが展示してありました。

基本的にハイスペックなクーラーボックスが多く、気軽に買えるようなものは少なかったと思います。

LIVingコーナー

アルペンアウトドアーズ ファニチャーリビングコーナーにはテーブルや椅子や収納家具などが展示されています。

テーブル・ストレージ売り場

アルペンアウトドアーズ テーブル色々なタイプのテーブルが並んでいます。手に取ることができるので、サイズ感や利用シーンのイメージがつきやすいです。

アルペンアウトドアーズ テーブル収納系のギアも充実しています。

アルペンアウトドアーズ SOTO Labo 以前から気になっていたSoto labo(ソトラボ)の「木製GEAR storage」

初めて実物を見ましたが意外と小さかったです。やっぱり実物を見ないと分からないことがありますね~

アルペンアウトドアーズ ヘリノックステーブルヘリノックス商品も充実しています。

アルペンアウトドアーズ ヘリノックスヘリノックスの「テーブルサイドストレージ」です。ヘリノックスのテーブルだけでなく、木製のロールトップテーブルなどにも取り付けできるので、ひとつあるとテーブルまわりの整理整頓に役立つアイテムです。調味料やスプーンやフォークなどのカトラリー類を入れておくと、使いたい時にさっと取り出せますね。

チェア売り場

アルペンアウトドアーズ チェアチェア売場も圧巻の展示です。様々なタイプの椅子が所狭しと並んでいます。

アルペンアウトドアーズ カーミッドチェアキャンパー憧れの「カーミットチェアー」です。いつか手に入れたいです。

アルペンアウトドアーズ ヘリノックスチェアヘリノックスのチェアも様々なタイプが展示してあります。ヘリノックスチェアはモデルによって座り心地が大きく異なるので、実際に座って確認するメリットは大きいです。

ハンモック売り場

アルペンアウトドアーズ バイヤーバイヤーオブメインのハンモックです。「ハンモックスタンド」を使えば気軽にゆらゆらが楽しめますよ~

GOODSコーナー

ナイフ・斧売り場

アルペンアウトドアーズ ナイフナイフコーナーです。「ビクトリノックス」などのマルチツールを除けば、「オピネルナイフ」と「モーラナイフ」が売場のほとんどを占めていました。ブッシュクラフトJPの「プーッコナイフ」が数本ありましたが、個人的にはナイフの取り扱いを充実させて欲しいですね。

アルペンアウトドアーズ 斧ブッシュクラフト関係のコーナーです。

アルペンアウトドアーズ ブッシュクラフト斧やナタやノコギリです。

アルペンアウトドアーズ レザーマンアメリカのマルチツール「レザーマン」もありました。アウトドアでのハードな使用にも耐える非常にタフなマルチツールなので、非常時に1本持っていると心強いです。しかも安心の25年保証付きです。

 

小物売り場

オシャレな小物も充実していました。

アルペンアウトドアーズ ペンドルトンペンドルトンコーナー

アルペンアウトドアーズ チャムスチャムスコーナー

アルペンアウトドアーズ ノルディスク カトラリーノルディスクのカトラリーです。初めて見ましたが、「チタン製ナイフ・フォーク・スプーンセット」が欲しくなりました。

アルペンアウトドアーズ 村の鍛冶屋村の鍛冶屋の鍛造ペグ「エリッゼステーク」もサイズ・カラーともに豊富に並んでいます。

アルペンアウトドアーズ ムラコ金属加工工場から生まれたアウトドアブランド「(MURACO)ムラコ」。確かなクオリティで人気・注目度ともに急上昇中のブランドです。

アルペンアウトドアーズ ドッペンギャンガーユニークなアイテムを次々に発売するDODのコーナーもありました。DODといえば「カマボコテント2」が有名ですよね。個人的には「テキーラテーブル」が見れて良かったです。

アルペンアウトドアーズ オレゴニアンキャンパー私も大好きでよく使っている「オレゴニアンキャンパー」のコーナーです。今回ももちろん購入しました・・ 笑

 

過去記事:
オレゴニアンキャンパーセミハードギアケースで男前収納を実現
キャンプ食器の乾燥にオレゴニアンキャンパーのメッシュドライバックがオシャレで便利

 

アルペンアウトドアーズ 雑誌書籍コーナー

 

WOOD DECKコーナー

アルペンアウトドアーズ ウッドデッキ売り場の真ん中には一段高くなったウッドデッキコーナーがあり、多くのテントやタープが展示してありました。様々なキャンプスタイルがリアルに表現してありましたよ。

アルペンアウトドアーズ 小川 アポロンOGAWAの5人用アーチ型テント「アポロン
大型全面メッシュを採用し、強度と剛性に優れたシンプルな設計。ファミリーキャンプやグループキャンプに最適なモデルです。

アルペンアウトドアーズ テントファクトリー TCワンポールテントファクトリーの「ワンポールテントTC」と「ウィングタープ
テント・タープ共に耐水コーティングされたTC素材が使われており、火の粉にも強く年間を通して活躍してくれそうです。

アルペンアウトドアーズ テントファクトリー サイドウィールテントファクトリーの風除け用縦型タープ「サイドウォールTC
風除け・火の粉除けやキャンプサイトの仕切りに便利です。こちらも耐水コーティングされたTC素材が使われています。

アルペンアウトドアーズ nemo ヘキサライト6PNEMOの「ヘキサライト 6P」に同じくNEMOの「ギャラクシーストーム 3P」をインしたカンガルースタイル。玄人感が半端ないです。。

アルペンアウトドアーズ DOD カマボコテントDOD「カマボコテント2
広いリビングを備えた2ルーム型のトンネルテントはデザインよし、コスパよしで大人気です!

アルペンアウトドアーズ ビックシャディー

ビックシャディーKELTYの「ビックシャディータープ」
セミサークル型のセンターポールが特徴的。大人6人でも楽にくつろげるスペースが作れるタープです。

アルペンアウトドアーズ ノルディスクノルディスクのテント村がありました。
アスガルド」と「ユドゥン」と「カーリ」です。

小さくてもおしゃれ感は変わらないですね。

 

キッズスペース

キッズスペースウッドデッキ前には広いキッズスペースが設けられています。子供達が遊んでいる間にお父さんは買い物。なんて使い方もできそうですね。

イベントスペース

イベントスペースウッドデッキ横のスペースを利用してテントの設営講習会が行われていました。大型の2ルームテントは設営が大変なイメージがありますが、こうやって実際に設営しているところを見ると自分で設営するイメージがわきますよね。

ちなみに各種テントの試し張りができるそうなので、気になっているテントがあればスタッフに相談して下さい。とのこと。

 

まとめ

「アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア福岡春日店」は想像を遥かに超えたメガアウトドアショップでした。これだけ多くの商品を実際に手に取って見ることができるお店は他にはないと思います。

また、キャンプシーンに合わせた商品レイアウトを「LIVing」「DINing」「SLEEPing」コーナーで展開することで、比較しやすく選び易い売場になっています。お客さん目線でキャンプギアを選ぶ楽しみをとことん追求したお店ですね。

 

アルペンアウトドアーズは昨今のアウトドアブームを更に牽引していくお店になると感じました。お近くの方もそうでない方も1度は訪れることをおすすめします!

 

最後に、、

買い過ぎには注意しましょうね~ 笑

 

では、また!

 

もしよければ応援クリックをお願いします! みなさんのひとポチが励みになります!